えっ!?リフォームで補助金が出る場合がある?

住宅のリフォーム時に、補助金が出る場合

地震大国日本ならではの耐震強度

耐震強度のポイント

耐震強度をはかるポイントはいくつかあります。
建物の立っている地盤の強度。これは東日本大震災などでも注目されましたよね。
地盤の緩い場所に立っている住宅は、大地震の際に致命的な傾きなどが生じてしまうリスクが高く大変危険です。
そのほか、建物の重量や壁や柱の質、床そのものの強度、木造軸組工法でつくられた住宅の場合は接合部分の強度もポイントとなります。
また、若い世代の間などで、地方の古民家を再生し、住居として使ったり、商業施設としてよみがえらせるという動きも最近増えてきていますよね。
そういった古民家リフォームでは、やはり耐震性が大きな課題となっています。
古民家に限らず、耐震基準改正前に建築された物件に関しては、リフォームが必要となるケースが多いので、補助金制度についてまず知ることが必要ですよね。

耐震リフォーム工事と補助金

耐震リフォームについては、百万円ほどの補助金が出る自治体も少なくないようです。
耐震リフォームの具体的な工事内容としては、建物の基礎の補強や床の補強、そして接合部や壁、梁の補強などがあげられます。
そのほか、屋根の軽量化などもあり、旧式の太陽光発電パネルを使っている場合などは見直しが必要なケースもあります。
まだ記憶に新しい熊本地震の被害から学ぼうと、全国の自治体で耐震診断や耐震補強を促進し、対策をするという動きが加速しています。
自治体によっては、木造住宅を対象に大きな助成金を出している自治体などもあるようです。
まずは適切な耐震診断をし、あなたの住宅にはどういった耐震リフォームが必要なのかを把握しましょう。
そして、お住まいの自治体がどういった条件下で補助をしているかを確認し、プロのアドバイスを受けたムダのない耐震リフォームをおすすめします。


この記事をシェアする