えっ!?リフォームで補助金が出る場合がある?

住宅のリフォーム時に、補助金が出る場合

リフォームの大切さ

バリアフリーへのリフォーム

一般的に、パリアフリーへのリフォーム費用は、数千円から数千万円までと幅が広いと言われています。
車椅子などが必要な方でも暮らしやすい住宅、そして高齢者にやさしい住宅、という意味でのバリアフリーという言葉は、すでに知らない人がいないほど広まっていると思います。
築年数が少ない最近の住宅の多くは、ほぼすべてがバリアフリーのようなつくりになっているのではないでしょうか。
では、具体的なリフォームポイントとしては、どんなものがあげられるのでしょうか。
床の段差の解消や必要箇所に手すりを取り付けるなどの比較的簡単なものから、通路を拡張したり、階段がある箇所にエレベーターを設置したりと、かなり幅広い内容があげられます。
また、水回りを大幅に動かすなど、間取りの全体像が変わってくるリフォームになる可能性もありますので、本当に必要なリフォームを見極め、予算との兼ね合いで検討することも必要になってきます。

バリアフリー化と補助金

要支援者、要介護者のためのリフォームが必要な場合は、介護保険でリフォーム費用が約9割ほどがカバーされることがあります。
バリアフリー住宅は、細かく見ていくとあらゆる場所が危険なポイント、要支援者や要介護者にやさしくないポイントになってしまいます。
完璧なリフォームを目指すのではなく、将来を見据えたバリアフリー化を目指すといいと、優良なリフォーム業者はアドバイスをくれることでしょう。
また、健康な方の視点で見ると見落としがちなポイントも多くあります。
ケアマネージャー(介護支援専門員)などに相談をしながら、複雑な制度についても理解を深めることをおすすめします。
そして自治体によっては、補助対象となる工事があらかじめ決まっている場合もあるので、リフォーム業者などにも確認が必要です。


この記事をシェアする